酸味のきいたソースでさっぱり食べる〜鯵のラビゴットソースがけ〜

お魚を洋風に仕上げようとすると、手間がかかって大変だな・・・と思っていませんか?ブイヤベースなどの人気料理は、ちょっと手間がかかってしまうのですが、塩焼きした鯵に手作りしたソースをかけるだけで、立派な洋風料理に仕上げることができます。見た目も彩り鮮やかになるので、とてもおすすめですよ♪

鯵のラビゴットソースがけ

材料(4人分)

・鯵        4匹
・トマト      1個
・玉ねぎ      2/1個
・パセリ      大さじ5程
・ケッパー     大さじ1
・酢        60ml
・オリーブオイル  100ml
・塩、こしょう   少々
・砂糖       ひとつまみ
*酢は、持っていたら白ワインビネガーにすると、さらに風味が良くなりますよ。

作り方

*まずはラビゴットソースを仕上げましょう♪
①トマトの皮をむく。
*トマトの皮は、直火に当てることで簡単にむくことができます。ヘタの部分にフォークを刺して、コンロで火に当てましょう。皮が裂けてきたら、水にさらして皮をむきます。
IMG_7689
②皮をむいたトマト、玉ねぎ、パセリをみじん切りにする。
*玉ねぎを味見してみて、辛かった場合は、水にさらして辛味を取っておきましょう。
③ボールに酢、オリーブオイル、塩・こしょう、砂糖を加えて混ぜる。
④③にみじん切りにしたトマト、玉ねぎ、パセリ、ケッパーを加えて、全体が混ざればラビゴットソースの出来上がりです。
*鯵を焼きましょう♪
⑤鯵は、ハラワタとぜいごを取り除き、塩・こしょうをして5分ほど置く。
⑥鯵の水気を布巾で拭き取ってから、フライパンなどで焼く。
⑦焼きあがった鯵をお皿に乗せ、ラビゴットソースをかけたら出来上がりです。
IMG_7702
白身魚とラビゴットソースの相性は抜群です!ラビゴットソースは、野菜をとることができ、酢が疲労回復の効果もあるので、体に優しいソースとなります。今回は、塩焼きしたものにソースをかけて仕上げましたが、お刺身にかけて食べれば、カルパッチョになります。サラダにかけても美味しく食べることができるので、万能でかなりおすすめのソースとなります。ぜひ、参考にしてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です