どんなお皿を持っている?色だけでなく形が違ったお皿を楽しもう

最近は、手頃な値段で様々な形のお皿が販売されていますね。食事内容によって、盛り付けるお皿の形を変えると、普段とは違う雰囲気になって、特別感が増しますよ。今回は、ベースとなる、持っておきたいお皿の形について、まとめていきましょう。

定番の丸いお皿

da9cda0ec5f69747b5172971e7a0e92b_s
どんな料理にも合わせることができる、定番の丸いお皿。白の丸いお皿を持っていれば、困ることはないでしょう。さらに、様々なデザインの丸いお皿を集めれば、料理に合わせて雰囲気を変える幅が広がっていくでしょう。
*写真のように、白であればワンプレートとして盛り付けると、シンプルにまとまって食事内容がより強調されますね。
2a79c9c846f4e2b10fede6460cfe2693_s
*こちらはデザインのある丸いお皿です。食事内容がシンプルであったり、一品だけ盛り付ける時などには、このようなデザイン性のあるお皿もいいですね。
785634618c445658063c4ff597a206d0_s

スクエア形のお皿

cf4600bf586ca3c61874270467f3acb8_s
スクエア型のお皿も、とても使いやすいですよ。和食などでは、このような四角いお皿がよく使用されます。真ん中におかずを盛り付けて、四隅に薬味をのせたりしてもいいですね。
*100円ショップなどでは、小さいサイズのものがよく取り扱われています。シンプルなものであっても、ちょっとしたおかずや、お菓子を盛り付けるのにはちょうど良いですね。
d4ff2abbfc00e9db6b87fed8d32f4a0c_s
*同じスクエア形のペーパーナプキンは、相性抜群です。ナプキンを変えるだけで、いくらでも雰囲気を変えることができます。
160afbc81e5a3f7bf683d8f1bc918385_s

ドレッシングなどを入れるミニボウル

a8ab73a4007433c86074442e459b662a_s
ドレッシングや、薬味を入れるのに最適なミニボウルも、持っておくととても便利ですよ。こちらも、100円ショップなどで簡単に手に入れることができます。様々な形のものがあるので、数種類持っておいてもいいですね。
*お皿の上におけるくらい小さいので、盛り付けに一工夫することが簡単にできます。
148d746ffeff3fb4118aba841bc8a576_m

フレンチで大活躍な深さのあるお皿

16c756d89cf60da2df8757c12af3adc6_s
フレンチレストランなどでよく目にする大きめのお皿は、深さもあって、テーブルに立体感が生まれます。盛り付けの工夫をいろいろと考えることができる、ちょっと上級者向けのお皿です。
*写真のように、盛り付け部分が小さいお皿であれば、ドレッシングやソースが広がってしまうことがないので、食べやすいというメリットもあります。
0bb3eea59eeafc99ce6fa2621e95ab3a_s

イレギュラーなタイプのお皿

039bddb4f7a8c3a838a99e08fb90e3ea_s
基本的な丸や四角とはちがったタイプのお皿も、テーブルに並べると面白いですよ。盛り付け方が難しく感じるかもしれませんが、パンやフルーツを並べておくだけでも、とてもオシャレになります。
f08f03a1590e8e8188d7e64fa917b840_s

皆さんは、どのくらいの種類のお皿を持っていますか?最近、盛り付けがワンパターン化してきたなと感じた時は、新しいお皿を購入してみてはいかがでしょう。プチプラなものでも十分ですよ。春になって環境が変わるこの時期に、お皿も新たに変えてみると、気分転換にもなるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です